ソーラー発電


太陽の光を有効利用する京セラのソーラー発電システム

●ソーラー発電と電力会社 2つの電源を全自動で使い分けます

京セラのソーラー発電システムを取り付けると、電源は太陽電池と商用電池の2種類に。ソーラー発電で発電された電気を最優先に使用し、効率よく運転します。

●イザと言うときも電気が使えて安心! 備えあれば憂い無し。

京セラのソーラー発電システムなら、万一災害などで停電した場合でも安心。自立運転機能を標準装備しているため、太陽光さえあれば停電時でも非常電源として活躍します。

①太陽電池モジュール

豊富なバリエーションをご用意しました。

  • 傾斜屋根用・陸屋根用・太陽電池屋根材「エコノルーフ」の3種類を揃えました。
  • 日中なら曇りや雨の日でも日射量に応じて発電します。
  • バイパスダイオード内臓。電柱の陰などによる発電量低下を抑えます。
  • 太陽電池モジュールは屋根設置専用の頑丈な構造。

②接続箱

  • モジュール→パワーコンディショナ間の集電と供給。
  • システムを落雷より保護。
  • 屋外でも設置可能。(防滴対策)

③パワーコンディショナ

高効率で小型・軽量・静音設計。

  • 最大変換効率95%を達成。直流電力を家庭用の交流電力へ効率よく変換します。
  • 曇りや雨の日でも、太陽電池の発電量を有効に変換。
  • 停電時でも太陽光があれば非常用電源として使用できる自立運転機能を内臓。
  • 軽量・薄型の壁掛け式ワンボックスタイプ。
  • 冷却ファンがないため、静音性が高い。


※上図はイメージパターンです。ソーラー発電電力量の推移は晴天日の推移を参考にしています。
よって、季節、天候、日照(雨や曇りの場合)等の変化や条件により、ソーラー発電電力量が上のイメージパターンを下回り、売電電力量も下回るなど、ソーラー発電電力量の推移が上
のイメージパターンと異なる場合があります。

京セラの太陽光熱発電のページへ